腸活マッサージの効果的なやり方とは?腸活運動メニューを一挙紹介!

健康・からだ




腸活マッサージは、毎日ほんの数分、おなかをもむだけでダイエットや美容、健康にさまざまな効果が期待できる健康法です。とくに共通していえるのは、お通じがよくなり、むくみが取れ、おなかが引き締まることです。

今回は、腸活マッサージの効果的なやり方とは?腸活運動メニューを一挙紹介します。

ぜひみなさんも腸活マッサージを始めて、腸活運動をすることで健康で美しい体を手に入れてください。

スポンサーリンク

はじめる前に

「イタ気持ちいい」くらいが目安

基本的には、指の腹(指紋部)を使い、おなかをゆっくり押しもみします。痛くてつらくなるほど、強くもみすぎないこと。「イタ気持ちいい」くらいが目安です。

 

伸びた爪のままではもまない

裸のおなかに腸もみをする場合は、爪で肌を傷つけることがあります。爪が伸びていたら切ってから行ってください。通常は服の上からもむのをおすすめします。

 

1日1回リラックスして行う

基本は、「小腸の6点もみ」(こちらで紹介)と「大腸もみ出し」(こちらで紹介)で毎日5分、入浴後や就寝前、起床後などに、横になってリラックスして行ってください。 1日に1回でけっこうです。

 

やってはいけない人

最近、腹部の手術を受けた人や、腸に出血性の炎症のある人は行わないでください。担当医に相談し、回復を待ってから行うといいでしょう。

スポンサーリンク

腸活マッサージの呼吸のやり方

腸活マッサージを効果的に行うには、深い呼吸が大切です。深い呼吸をすることで全身の筋肉が緩み、リラックスすることができます。

筋肉が緩んでくると、最初にマッサージする時に感じる痛みも軽減します。

また、深い呼吸を行うと横隔膜やお腹の筋肉が良く動き、腸の活動が活発になります。

腸モミマッサージとの相乗効果で、便秘の改善にも大変役立ちます。

スポンサーリンク

腸活メニュー「小腸の6点マッサージ」

小腸の裏側に密集しているリンパ管を刺激し、リンパの流れをよくすることで、おなかだけでなく全身のむくみが解消されます。

むくみが解消されると、ウエストも自然に細く締まってくるのです。

腸活メニュー「大腸もみだしマッサージ」

大腸で、特に便がたまりやすいのが、下行結腸やS状結腸、直腸がある左わき腹。

この部分をしっかりもむと、便やガスの排出がスムーズになり、お腹がスッキリしてきます。

スポンサーリンク

腸活メニュー「下腹ポッコリ解消マッサージ」

太っていないのに、胃や腸が下垂して、ヘソの下がポッコリと出ている人が増えています。

こういう人は、腸全体をヘソの方へ引き寄せ、胃や腸を正常に戻す小腸活動マッサージが役立ちます。

下腹ポッコリが気になる方は、まず小腸活動マッサージを行ってから、同じ体勢で「小腸活動マッサージの6点モミ」を行うと、むくみの改善効果が高まります。

イスに座ってやる腸活マッサージ

忙しくて自宅でゆっくり腸活マッサージができないという人、残便感があるという人に、オフィスやトイレで簡単にできる腸活マッサージを紹介しましょう。

コメント