バナバ茶を飲むだけで出産後の太った私が2ヶ月で7kg痩せた!

健康・からだ




ダイエットは続けられないと意味がありません。

そしてダイエット時の食事制限はできるだけしたくない。

そんな都合が良いダイエット方法はないものでしょうか?

 

バナバ茶ダイエットは知っていますか?

バナバ茶をただ飲むだけで痩せていくというのです。

 

出産後67kgまで太った私がバナバ茶を飲んだら2ヶ月で60kgになり血圧も下降して健康になった30歳主婦の体験談を紹介します。

スポンサーリンク

出産のたびに太り合計21kg増

私は昨年の12月に、二人めの子供を出産しました。

一人めの子供を産む前は身長156cmで体重46kgだったのですが、子供を産むたびに太っていき、この時点で、体重は67kgになっていました。

 

一人めの子供を産む直前に、まず12kg太って58kgになり、出産後半年で53kgまで落としました。

しかし、すぐ二人めの子供を妊娠し、また12kg太って64kgになってしまいました。

その後、6kgやせて58kgになりましたが、二人めの出産で、ついに67kgになってしまったというわけです。

 

つい5年前まで、46kgしかなかつたのがウソのようです。

 

当時はウエストが56~58cmで、7号か9号の洋服を着ていたほどでした。

それが、11号の服がやっと入る程度です。

ウエストは、太り出してから測ったことがないのでわかりませんが、相当なものだったと思います。

 

私が太った原因である子供たちからは、やせたお母さんがいいといわれる始末で、本当に情けなくなってしまいます。

しかも、三人めの子供を産んでからは血圧が高くなり、一時は最大血圧が180ミリまで上がってしまったのです(最大血圧の正常値は101~139ミリ)。

 

こうなると、美容上の面ばかりでなく、健康上の面からも、やせる必要に迫られました。

スポンサーリンク

バナバ茶の飲み方は簡単

今年の1月のある日、夫が知人からダイエットにいいと教えてもらったといって、バナバ茶というフィリピンの薬草茶を持ってきてくれました。

試しに飲んでみると、意外に飲みやすい味です。

 

これなら続けられそうだと考えた私は、バナバ茶を毎日飲むことにしました

バナバ茶を飲むのに手間はかかりません。

きゅうすにバナバ茶のティーバッグ一袋を入れ、あとは普通のお茶を飲むようにお湯をさして飲むだけです。

 

一日に飲む量や時間はとくに決めませんでしたが、とにかくまめに飲むように心がけました。

 

バナバ茶を飲んでいる間、とくに食事制限はしませんでした。

なにしろ、二人の子供の世話をするには、きちんと食べないわけにはいかないのです。

スポンサーリンク

バナバ茶の効果とは

こうして、バナバ茶を飲み始めて2カ月ほどたった今年の3月、なんの気なしに体重を測ってみると、7kgもやせて60kgになっていました

 

いつの間にやせたのか、自分でもまったく気づきませんでしたが、確かにおなかのまわりがスッキリしています

バナバ茶ダイエット効果は以下でも詳しく紹介してます。

食事制限も運動もせずにバナバ茶だけで痩せて体も引き締まった!

バナバ茶はダイエットに効果あり!肌がしっとりするバナバ効果とは

 

考えてみると、これまでは便秘ぎみで一日おきにしかお通じがなかったのが、バナバ茶を飲むようになってからは、毎日必ずお通じがつくようになっていました。

もしかしたら、このことが減量の前ぶれだったのかもしれません。

高かった最大血圧も、いまは、140~110ミリで安定しています。

 

できれば、夏までにもう少しやせて、子供たちと海水浴へ出かけたいと思っています。

スポンサーリンク

バナバ茶の効能は?

出産後、体重が元に戻らないのは、女性にとって深刻な悩みです。

肥満は単に美容上だけの問題ではなく、放置すると、さまざまな病気を誘発するからです。

 

体重が2kg増加すると、血管は1m延びるといわれています。

 

血管が延びれば、それだけ遠くまで血液を運ぶために、血圧は高くなります。

また、血管内に中性脂肪も蓄積されやすくなりますから、よけいに血液の流れが悪くなります。

 

肥満による高血圧を解消するには、まずやせること、といわれるのはそのためです。

 

バナバ茶には、緩下作用(ゆるやかに便通をつける働き)と利尿作用(尿の出をよくする働き)を促し、老廃物(体内で不要になり排出されるべき物質)を排泄させる働きがありますので、太りすぎによる高血圧症の人には、うってつけの飲み物といえるでしょう。

 

バナバ茶ダイエット効果は以下でも詳しく紹介してます。

バナバ茶の成分と効能がすごい!ダイエットに効果がある飲み方とは

コメント