粃糠性脱毛症のかゆみやフケを何とかしたい!アロエですっきり対策

健康・からだ

フケやかゆみで悩まされていませんか?

治療したけどなかなか治らない。症状が改善しないなどの場合は、粃糠性脱毛症かもしれません。

頭皮のトラブルは抜け毛にまで発展します。早く治す必要があります。

今回は、粃糠性脱毛症のかゆみやフケがアロエ汁を整髪剤代わりに使ったら解消して白髪も目立たなくなったと話す39歳の男性の体験談を紹介します。

スポンサーリンク

 

粃糠性脱毛症でフケやかゆみに悩まされる

私は、若い頃から髪が脂っぽく、フケやかゆみに悩まされてきました。

あまりにもかゆみがひどく、抜け毛も少々目立ってきたことから、10年ほど前には、皮膚科で診てもらったほどです。

 

病院では粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)と診断されました。

 

脂っこいものを食べすぎて、頭皮に悪影響が出ているそうなのです。

確かに私は肉類が大好きで、当時は毎日食卓に欠かしませんでした。

 

医師からはぬり薬をもらいましたが、その効果はあるのかないのか、よくわからないという程度。

ぬり薬はずっとつけるようにといわれたものの、そのうちめんどうになって、ぬるのをやめてしまいました。

 

それでも、できるだけ肉類を控えるなど、食生活の改善に努めたおかげで、ひどいかゆみと抜け毛は、ひとまずおさまりました。

しかし、フケやかゆみが完全に解消されたわけではありません。

 

1年ほど前に新聞で、アロエがフケやかゆみを抑えるのによいという記事を読みました。

数多くの体験談が載っており、これだけたくさんの人に効いたのなら、きっと私にも効果があるだろうと思いました。

そこでさっそく、私もアロエを試してみることにしたのです。

スポンサーリンク

アロエを頭皮に塗るだけ!その使い方とは

私の家には、もともとキダチアロエがありました。

しかし、葉がちょっと小さいので、毎日使うには足りないようでした。

そこで、新たにアロエベラを買い求め、もっぱらこちらを使うようにしています。

 

アロエの使い方は簡単です。

アロエの葉を切り落とし、その切り口から出てくるゼリー質を、頭皮に直接ぬりつけるだけです。

 

これを毎日、昼過ぎに行います。

というのは、私は定時制の高校で教えているので、家を出るのは午後になり、その出勤前の整髪のさいに、整髪剤の代わりとして、アロエのゼリー質を使っているからです。

 

アロエベラの葉は比較的大きいので、1枚で2日分使えます。

アロエの葉を2つに切って、今日はその半分を使い、明日は残り半分を使うというわけです。

1日ぐらいなら乾燥することもないので、残り半分の葉は、ラップに包んだり冷蔵庫に入れたりせず、そのまま置いておきます。

スポンサーリンク

アロエのかゆみ・フケの効果

アロエの効果が現れてきたのは、使い始めて1~2ヵ月ほどしたころだったでしょうか。

私は神経質なほうで、いったんかゆみを気にしだすと、そのことがいつまでも頭を離れなくなるのですが、アロエ療法を始めてからというもの、いつしかそれが気にならなくなりました。

 

明らかに、フケやかゆみがおさまっていったのです。

その間、これといって生活を変えたわけではありません。

食事も、使っているシャンプーも同じものですから、やはリアロ工のおかげでフケやかゆみがよくなったと、考えるよりほかありません。

 

また、私は少しばかり白髪もあったのですが、最近は目立たなくなってきました

 

アロエの白髪への効果についてはこちらも▼

参考記事:>アロエで白髪を黒髪に!アロエの頭皮マッサージで白髪を防ぐ方法

参考記事:>アロエで発毛促進・白髪防止!額の生え際から黒い髪の毛が生えた奇跡

参考記事:>白髪を減らすには髪の毛カラーよりアロエを頭に塗ったら黒い髪の毛が!

 

これもアロエの力なのでしょうか。

フケやかゆみかたいぶ楽になった現在では、毎日、快適に過ごしています。

今後も、整髪剤代わりのアロエ療法を、続けていくつもりです。

スポンサーリンク

 

粃糠性脱毛症とその対策とは

粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)とは、病的なフケのために起こる脱毛症のことです。

 

頭は多毛な上に、皮脂腺(皮膚の脂を分泌する腺)が多く、体の他の部分より、脂っぽくなりがちです。

とくに皮脂の分泌が多い人では、脂が酸化したり、細菌の繁殖により炎症が起こりやすくなります。

そして、炎症が起こると、猛烈なかゆみか起きたり、頭皮の表皮がフケとしてはがれやすくなり、抜け毛も多くなってくるのです。





頭皮の辛いカユミとフケにおすすめのシャンプー【KADASON】
こうした人には、アロエがピッタリです。

 

実は、アロエのエキスを皮膚にぬると、皮脂腺が縮小し、皮脂の分泌が抑えられることが静岡県立大学の実験によって確認されています。

また、アロエには炎症を抑える作用もあるのですから、粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)によく効くわけです。

 

アロエの美肌効果についてはこちらも▼

参考記事:>おでこニキビや吹き出物・かぶれにアロエをぬったら綺麗な肌になった

参考記事:>吹き出物・ニキビ・肌荒れなどの治し方!私の肌ケアは「アロエ」だけ

参考記事:>アレルギー性の貨幣状湿疹の薬はアロエ!肌も保湿・つるつる美肌に!

 

同じ理由で、皮脂の分泌が盛んになるために起こるニキビにも、アロエは効果があります。

コメント