黒豆ダイエット成功者が語る!食べるより効果がある方法はこれ!

ダイエット

 

黒豆は健康にも高血圧にも効果が期待できるとされている食べ物です。

豆は畑の肉ともいわれていますしね。

そんな、黒豆ですが食べると痩せてダイエットにも効果的であると言われています。

 

今回は、黒豆ダイエット成功者が語る!食べるより効果がある方法として、10日で3kg減量に成功した45歳主婦の体験談を紹介します。

スポンサーリンク

黒豆で高血圧対策

黒豆などの粉末で作る黒豆スイーツの「黒豆しるこ」を知ったのは、昨年の6月のことです。

 

当時の私は、自分の血圧に不安を抱いていました。

といっても、ひどい高血圧だったわけではありません。

そのころの私の血圧は、最大血圧が145ミリ(正常値は140ミリ以下)、最小血圧が90ミリ前後(正常値は九〇ミリ未満)で、「ちょっと高いから気をつけないと」という程度のものでした。

 

けれども、私は自分の家系からいって、高血圧の体質だと思っています。

かつて私は、高血圧で母を亡くしているので、高血圧の恐ろしさが心の奥底に焼きついています。

 

私が診てもらった医師には、血圧を下げるため、少し痩せるようにいわれました。

それは私も強く感じていたことでした。

 

身長が155cmの私は、独身のころは40キロ台の体重でした。

結婚し、出産をへてからは、多くの例にもれず徐々に太っていきましたが、それでも51~52キロで長いこと落ち着いていました。

スポンサーリンク

 

それが年齢的なものか、ここ数年で急に太りだしてきたのです。

腰のまわりにぜい肉がつき、外出用の洋服が入らなくなりました。

自分でもいやだなと思っていたら、高校生の子供が「最近、腕がモコモコしてきたんじゃない」などといいます。

 

試しに、体重計に乗ってみました。

すると55キロもあるではありませんか。なかなか信じられなくて、最初は体重計がこわれていると思ったほどです。

 

 

確実にやせるには運動が必要と考え、私は毎日、速足歩きに精を出しました。

ところが、少しも痩せません。

速足歩きから帰ると、つい牛乳を飲んだり、手近なものを食べたりするからです。

 

頭を抱えているころに、友人から教えられたのが黒豆スイーツの黒豆しるこでした。

虚弱体質のその友人は、栄養補給の目的で利用していたのですが、ダイエットにもよいらしいというので、私にすすめてくれたのです。

気になりだしたその体重にメタボメ茶!970円

黒豆をとかして飲む「黒豆スープ」

私は毎朝、朝食代りに黒豆粉末をとかした豆スープをとるようにしました。

具体的には、粉末状の黒豆を、湯飲み茶わん一杯のお湯に溶かして飲むのです。

さらに私は、これを朝だけでなく、午前10時ごろや午後3時ごろにも、間食代わりに飲みました。

 

黒豆しるこを飲み始めたのは6月ですから、季節は暑さに向かいます。

日標を3キロ減に置き、1ヶ月もすれば結果が出るだろうと考えて、このダイエットに取り組みました。

スポンサーリンク

黒豆ダイエット効果

しかし、1ヶ月月も必要ありませんでした。

わずか10日で、3キロ痩せることができたのです。

実をいうと、初めは朝食を抜いて体がもつのかと不安でした。

しかも、ダイエットを始めてからは、昼も晩も食事の量がへっています。

それにもかかわらず、疲れるどころか、むしろ元気になり、昨年のあの猛暑にも夏バテすることがありませんでした。

 

目標を達成してからも、予定どおり1ヶ月間はダイエットを続けました。

そしてその後は、元どおり朝食をとるようにし、そのうえでお湯に溶いた黒豆スイーツの黒豆しるこを、間食代わりに飲み続けています。

 

おもしろいもので、それでも体重は減り続けました

2ヵ月後には、当初から5キロ減ってて50キロ になったのです。

当然、おなかのまわりはスッキリとして、お気に入りのスカートも入るようになりました。

血圧のほうはというと、先日測ったところ、最大が128ミリに、最小が78ミリに下がっていました。

そもそものダイエットを始めた目的も果たされたわけです。

スポンサーリンク

黒豆は健康的に痩せる方法

絶食や極端な減食をすれば、体重は簡単に減らせます。

しかし、こんなダイエット法では、すぐ体をこわしてしまいます。

 

その点、黒豆を朝食やおやつ代わりにとる方法は、体調を整えながら肥満を解消できる理想的なダイエット法といえます。


話題沸騰!黒豆から生まれた【メタボメ茶】

高めだった血圧が下がったのも、黒豆によって利尿効果が高まり、血液の流れがよくなって、体調が整えられた結果でしょう。

 

一晩水に浸けた黒豆を、細かく砕いて作った黒豆呉汁などを、ふだんの食事にプラスするだけでも、緩やかなダイエット効果が得られます。

自分の希望や生活に合う方法で利用するとよいでしょう。

コメント