週2回あかすりを自宅ですれば皮膚のかゆみや発疹が消えストレス解消

健康・からだ

こんにちは。温泉好きの「perokun」です。

お風呂ではついつい長湯してしまいます。同じように長風呂の人は多いのでは?

そんな時に「あかすり」なんてしてみてはどうですか?私もたまにやります。

週に2回の自宅でのあかすりで皮膚のかゆみや発疹が消えてストレスも解消できるあかすりについて知人女性38歳Oさんのお話しをご紹介します。

スポンサーリンク

あかすりは体も気分もスッキリする

私があかすりを始めたのは、つい最近のことです。

 

知人たちが、あかすりサロンであかすりをしてもらう気持ちよさを夢中になって語るので、私も一度やってみたくなったのです。

最初は、ほんの好奇心からだったのですが、実際に経験してみると、その心地よさといったら、言葉では語り尽くせないほどでした。

 

サロンであかすりをやってもらうと、肌をなでている程度の刺激しか感じないのですが、びっくりするほどの量のアカがぼろぼろ出てきます。

さすがにプロの仕事だと感心しました。

 

そして、あかすりをしたあとは

毛穴からすべての汚れが取り除かれて、体が軽くなった感じがしました。

 

最近は若い頃と違い、「体が重い、なんとなくだるい」という症状があったのですが、あかすりをしたあとは、これらが解消するのです。

 

きっとあかすりで、新陳代謝(新旧の物質の入れ替わり)が活発になり、体全体の調子がよくなってきたのでしょう。

そこで、サロンだけでなく、自分でもあかすりをやってみることにしたのです。

 

私は、あかすりサロンで見聞きしたやり方を、家庭でのあかすりに取り入れることにしました

スポンサーリンク

あかすりの方法

私は、週に2回ほど入浴し、ふだんは、だいたい朝、シャワーですませています。

そこで、入浴のときにだけあかすりをすることにしました。

 

サロンでは、あかすりをする前にヨモギ湯に入ります。

そこで私は、ヨモギの替わりにいろいろなハーブを買い求め、自宅の湯ぶねに入れてハーブ湯にしました。

 

 

まず、ぬるめのハーブ湯にゆっくりとつかります。

汗がジワッと出てきたところで湯ぶねから出て、石けんをつけたあかすりタオルで静かにこすります。

石けんはほんの少量つけるようにしました。

あかすりタオルについてはこちらもご覧ください

あかすりタオルの選び方と使い方!自宅ケアで肌をツルツルの美肌に
「あかすり」には、普通、専用に作られたあかすりタオルを使います。道具がいいとムダな力を使わずに効率よくアカが取れるため、ほとんどの人はあかすりタオルを使っています。あかすりタオルの選び方と使い方!についてお話しします。

 

こすり方は、足先から心臓に向かって、少しずつこすりあげるようにします。

アカが出るまで何回もこすります。

あかすりの方法についてはこちらもご覧ください

肌をきれいにする「あかすり」を自宅で一人でできる方法教えます!
あかすりを自宅でしたい!と思った事ありませんか?でもやり方が分からないので、お店に行ってお金を払う。。。勿体ないです。今回は、あかすりは透明感の美肌を作りニキビを防ぎ化粧のりを良くする美容法として肌をきれいにする「あかすり」を自宅で、しかも

 

私は仕事で座っている時間が長いので、足がむくみがちです。

ですからふくらはぎは、とくに念入りにこするようにしています。

 

人によって違うのかもしれませんが、私の場合、アカがいちばんよく出るのは、くるぶし、土ふまず、かかとです。

手も、指先から腕に向かってこすります。

体の末端から始めて、だんだんと心臓に向かってこするようにしています。

スポンサーリンク

あかすりの効果

私は皮膚が弱く、疲れたときなど皮膚のかゆみやアトピー性皮膚炎のような発疹が出ますが、そんなときでも軽くあかすりをします。

そして、あかすりが終わったら、肌に市販のヨーグルトをたっぷりつけて、しばらくしてから流します。

私の場合は、こうするとかゆみが止まり、気分もよくなってくるのです。

 

また、ストレスがたまってくると、お通じがすっきりしないことがあります。

そんなときでもあかすりタオルでおなかのあたりをこすると、翌日気持ちのいいお通じがあるのです。

スポンサーリンク

あかすりの効果についてはこちらもご覧ください

あかすりは私のストレス解消法!肌ツヤよく美肌になるあかすりの方法
こんにちは。「perokun」です。 あなたのストレス解消法は何ですか? お酒を飲む!運動をする!いろいろな方法があります。 今回は、お酒も運動も苦手な友人のストレス解消法は、月に一度のあかすり美容術ということで体験談をご紹介します。 
https://body-protect.com/stress-divergence/

ぜひ、お試しください。

 

あかすりの注意点

基本的に、アトピーなどの皮膚症状がひどければあかすりは行わないでください。

あかすりは皮膚の状態がよいとき、ごく軽い力で行うことが大切です。

 

また、あかすり後のヨーグルトパックは、たいへんよいと思います。

なお、ふくらはぎなど一部分だけを念入りにこするのは禁物です。

むくみが気になるときは、あかすり後に、手でもみましょう。

コメント