不眠症の原因とは?不眠で眠れない時はどうしたらよいのか?

シェアする

こんにちは。「perokun」です。

わが国では、約5人に1人の割合で、″夜に眠れない″という不眠の悩みを抱えていると言われています。

あなたは大丈夫ですか?

今回は、不眠症の原因とは?不眠で眠れない時はどうしたらよいのか?についてお話しします。

スポンサーリンク

不眠の原因とは

f:id:akap-perokun:20170902075345j:plain

不眠は、糖尿病、高血圧などの生活習慣病やうつ病などの精神疾患の発症認知機能や循環器系障害が悪化する危険因子と考えられています。

一般的には6時間台~7時間台の睡眠がそれらのリスクを低下させると言われています。

不眠の原因として、身近な例では、

カフェインを多く含むコーヒーやお茶の過剰摂取

アルコール等の精神作用物質の摂取が挙げられます。

次に、不適切な睡眠習慣、照明や寝心地の悪い寝具などの睡眠環境があります。

また、加齢により、睡眠が浅く

早朝に覚醒して睡眠時間が短縮する生理的変化も考えられます。

慢性疼痛、頻尿などの身体的要因や、うつ病、統合失調症などの精神疾患でも不眠は起きます

大きないびきや無呼吸と、日中の過度の眠気や中途覚醒、熟眠困難が特徴の、睡眠時無呼吸症候群や、脚に虫が這うようでムズムズする等が特徴の、ムズムズ脚症候群も原因として考えられます。

スポンサーリンク

不眠症の治療方法

f:id:akap-perokun:20170902075245p:plain

治療としては

薬物療法」と「非薬物療法」があります。

非薬物療法としては

毎日決まった時間に起きて

昼寝をするなら20分から30分程度とし

就寝前4時間のお茶やコーヒーの摂取は控える方が良いでしょう。

そして、日中30分程の適度な運動をしたり、ぬるま湯のお風呂に入り、体をリラツクスさせ、夕方以降は刺激をなるべく避けた生活習慣を取り入れる方法もあります。

不眠症の改善のリラックス法はこちら

body-protect.com

ただし、睡眠に対して寝れるかどうかといった不安を強く感じる場合には

「眠たくなってから床に就く」

「眠くなるまで床に就かない」

「寝付けないときは寝床を離れる」というような意識付けが必要な場合もあります。

不眠症の改善のツボはこちら

body-protect.com

body-protect.com

薬物療法としては

主に、催眠、抗不安、筋弛緩作用を持つベンゾジアゼピン系薬剤や、催眠作用があり、抗不安、筋弛緩作用は比較的少ないといわれる非ベンゾジアゼピン系薬剤は、以前より使われています。

最近では、それらに加えて、脳内にあり、睡眠を誘発するメラトニンの類似物質で、睡眠リズムの調整と入眠困難に効果の高いメラトニン受容体作動薬や、覚醒中枢の活性化を抑え睡眠を促すオレキシン受容体拮抗薬や、体質を整える漢万薬などが主に使用されています。

スポンサーリンク

不眠症の改善は原因によってさまざま!

年齢であったり

入眠困難なのか

中途覚醒なのか

早朝覚醒なのか

といった不眠の特徴や、不眠の原因となる精神疾患、身体疾患等の治療により睡眠障害が改善される等、考えられる原因によって治療法も様々ですので、医師と相談しながら、自分に合った睡眠環境や生活習慣を整え、治療法を選択する事が、不眠の治療にはいいでしょう。

睡眠は翌朝からの1日の活力源です。

コンデイションが悪い時こそ、睡眠を大事にした生活習慣を送つてみてはいかがでしょうか。