「はちみつ」はミネラルたっぷりでダイエットを成功に導く最適食品

シェアする

今回、本気(マジ)でダイエットに挑戦している「perokun」です。

ダイエットとは、肥満を解消することです。

肥満」は、医学的には体内の中性脂肪(体内にありふれた脂肪)が過剰になった状態をいいます。

人間は本能だけで食事をしているわけではありません。

おいしいものが簡単に手に入る現代の食生活では、中性脂肪が過剰になる要因がたくさんあります。

今回は、「はちみつ」はミネラルたっぷりでダイエットを成功に導く最適食品である理由についてお話しします。

スポンサーリンク

有用なビタミンやミネラルが豊富

f:id:akap-perokun:20170720184401j:plain

人間は、体内に取り込んだ栄養を糖分に変えて、それを燃焼させて作るエネルギーによって活動しています。

ただ、人間の活動量に見合った栄養分しか、エネルギーとして焼却されません。

あまり運動をしなければ、体内には過剰となった糖分が中性脂肪として残されます。

中性脂肪は筋肉の間に入り込んだり、肝臓や心臓などの内臓に張りついたりしています。そしてそれぞれの働きを鈍らせるのです。

また、人によっては燃焼されなかった糖分が、糖尿病を引き起こす場合もあります。

中性脂肪をため込んで肥満になった場合、多少運動をしたとしてもそれまでの食生活を変えなければ、なかなかやせることはできません。

なぜなら

ちょっとした運動程度では、食べた分の糖分しか燃焼されず、体内にあった中性脂肪は燃焼されないからです。

それでは、なにも食べなければいいのかというと・・・

日々必要な栄養分が摂取できなくなりますので、当然のことながらこれは勧められません。

確実にやせることができる方法としては

一日に摂取する食事のカロリーをおさえながら、さらに運動することです。

「低カロリーのダイエット食品」というとよくコンニャクが挙げられますが、コンニャクには栄養が全く含まれていません。

人間の体内で生成されないビタミンやミネラル(体に有用な鉱物質)は、毎日摂取する必要があります。

ダイエットということでコンニャクだけを食べ続けると、栄養失調になる危険性があるのです。

スポンサーリンク

はちみつはダイエットを成功させる補助食品

f:id:akap-perokun:20170720184424j:plain

以上のことを考慮すると

ダイエットの補助食品としてはちみつを摂取する方法は、成功する確率が高く無理がない、と私は思います。

はちみつは栄養分が豊富な食品です。

もし、この世の中で食べ物がはちみつだけになったとしても、人間はなお長期間にわたって生きていけるでしょう。また、栄養のバランスがよいので、昔は薬として用いられていました。

はちみつダイエットの場合

はちみつの1日の摂取量は300gまでなので、カロリーはだいたい900キロカロリー以下に抑えられます。

はちみつは甘みが非常に強いので、はちみつダイエットの体験者は空腹感を感じることなく、比較的楽に実行できたということでした。

body-protect.com

「満腹になりたい」というのは人間の本能です。

ですから飢えを感じるダイエット法が苦しいのは当然です。

そのような方法だと失敗する確率も高くなります。

はちみつは栄養価が高く、少量でも満腹感が味わえるので、それだけでダイエット期間中の栄養補給ができます。

body-protect.com

しかも甘いので味覚のうえでも満足感が得られます。

ダイエット中に栄養を補給するのに、はちみつはまさに理想の食品だと私は考えます。

スポンサーリンク

おわりに

肥満体の人は、食生活に偏りがあったり、運動不足であったりすることがほとんどです。

普段から野菜を多く食べるなどして栄養をバランスよくとっていれば、ダイエットをしなくてすむはずです。

・・・まさしく正論!

太ってしまった自分を反省し、今後の食生活を改善しようとする意志が、ダイエットを成功に導くのです。