おでこニキビや吹き出物・かぶれにアロエをぬったら綺麗な肌になった

シェアする

私も大人ニキビ、ストレスニキビにはいろいろと悩まされました。

こんにちは。「perokun」です。

かぶれた頬にアロエをぬったら翌朝綺麗に消え1週間でニキビも完治したと話す、21歳女子大学生の友人がアロエについて話してくれました。

スポンサーリンク

 アロエの美肌効果って本当!?

f:id:akap-perokun:20170720183734j:plain

私がスキンケア雑誌を購入したきっかけは、目次に「アロエの美肌変身術」というタイトルが目にとまったからでした。

注目されているダイエット記事にも興味がありましたが、それ以上に私にとっては、顔にできているニキビの方が切実だったのです。

ニキビは中学のことからでき始め、今は額やあごを中心に赤いプツプツがたくさんできています。

市販のニキビ薬もいくつか試してみましたが、完全には治らなくて困っていました。

また、私は、乳液や化粧水でもかぶれてしまうほどの敏感肌なのです。

友達から敏感肌にはベビーローションがいいとすすめられ、寝る前の洗顔後にぬってみたのですが、翌朝、ほおをさわると、かぶれてブツブツとしていました。

いまはまだ学生なので、特別にお化粧する必要もありませんが、社会人になったときのことを考えると、ニキビのある不快さから早く解放されたいのです。

そんなときに、私と同じ女子大生が、「アロエベラのゼリー質を吹き出物にぬったらきれいに治った」という雑誌の記事を読みました。

それに、ちょうどそのころ、知人からアロエベラの鉢を頂いていたのでこれは、もう試さない手はありません

スポンサーリンク

アロエの効果とは

知人にいただいたアロエベラの鉢は、私の腰の高さくらい(約80cm)で、一枚の葉はキダチアロエよりずいぶん大きなものです。

葉は下のほうから切って、使う分だけ皮をむき、ゼリー質の部分だけを取り出します

雑誌に「外用に使うには、アロエの皮は刺激が強すぎる」と書いてありましたから、皮は捨てることにしました。

ゼリー質は冷凍庫に保管し、使う前に解凍します。

そして、入浴後に手に取りやすい適当な大きさに切り、指でほぐしてまんべんなく顔にぬるのです。

脂性の肌が綺麗になってニキビも完治

アロエベラのゼリー質を初めて肌にぬった翌日の朝、鏡を見るとベビーローションでかぶれたほおのブツブツがきれいに消えていました

さらに、肌がツルツルしているのです。

body-protect.com

body-protect.com 

脂性の私は、起き抜けはいつも肌が脂でじっとりとしていましたから、びっくりしました。

うれしくて、それから毎日、入浴後にアロエベラのゼリー質をぬるスキンケアは欠かしません。

おかげさまで、額やあごのニキビも1週間ですっかり治りました

www.vida-museum.com 

このアロエベラのゼリー質を使ったスキンケアは、なかよしの妹や友達にもすすめましたが、みんなその効きめに驚き、喜んでいます。

スポンサーリンク

便秘の解消

ところで最近私は、アロエベラのゼリー質を顔にぬるだけでなく、3cmくらいに細かくきざみ、100mlの甘いヨーグルトにまぜて食べることにしました。

それを始めてからは、三日に一度だったお通じが、毎日あるようになったのです。

アロエベラのゼリー質は、ネバネバしていますが、私はあまり気になりません。

そのネバネバが肌にいいと信じているからです。

アロエは皮膚を修復し炎症を抑える

f:id:akap-perokun:20170725105450j:plain

アロエの成分には

皮膚に含まれるコラーゲンの生成を高め、肌の新陳代謝(新旧の物質の入れ替わり現象)を活発にする作用があります。

また、アロエに皮膚の傷の修復を早める作用や、炎症を抑える働きがあることもよく知られています。

ニキビは、これらの作用で改善されたのでしょう。

body-protect.com 

www.vida-museum.com 

アロエを外用に用いるときは、原則としてゼリー質だけを用いてください。

皮には、人によって皮膚炎を起こす成分が含まれているからです。

ゼリー質だけを用いるときも、とくに肌が敏感な方は、あらかじめ腕の内側などにぬり、一日くらいたってもかゆみなどが出ないことを確かめて使うとより安心です。

また、衛生面にも気をつけ、できるだけ新しくてきれいなアロエを、清潔な手でぬるようにしましょう。

古いものを使うと、雑菌が繁殖していて、皮膚症状をかえって悪化させる恐れもあります。

スポンサーリンク

 ニキビ・湿疹・シミを防ぎしっとり肌を作るアロエの美肌術

アロエベラのゼリー質を肌にぬって、ニキビや湿疹が治ったり、乾燥肌からしっとりとした美肌になったという人がたくさんいます。

それは、ゼリー質のなかに肌を引き締める効果と、水や皮脂分を適度に補ってうるおいを与える効果があるからです。

ゼリー質を肌にぬるスキンケア

ゼリー質を使ったスキンケアは、1日1回、入浴後や洗顔後に行いましょう。

1.アロエベラの生葉をきれいに洗い、10cm幅で1cmくらいの厚さに切る。

残った葉は、ラップをして冷蔵庫で保存する。

f:id:akap-perokun:20170720183752p:plain

2.1.の皮をむいてゼリー質だけを出す。

皮の黄色い汁(主にアロインという成分)は刺激が強いので、良く水で落とす。

f:id:akap-perokun:20170720183809p:plain

3.2.を手にとりやすい大きさに切る。

f:id:akap-perokun:20170720183831p:plain

4.洗顔後に3.を顔全体にまんべんなくぬる。

f:id:akap-perokun:20170720183841p:plain

乾いたら水で洗い流す。

スポンサーリンク

 アロエのゼリー汁を使ったスキンケア

1.80gほどのゼリー質をぶつ切りにして、ミキサーにかける。

f:id:akap-perokun:20170809134710p:plain

2.1.を布ごしすると、およそ80mlの汁のできあがり。

f:id:akap-perokun:20170720183938p:plain

3.両手のひらに40mlの汁をとる。

残った分は冷蔵庫に保管して翌日には使いきる。

f:id:akap-perokun:20170720183950p:plain

4.汁は顔全体にパタパタとぬる。

乾いたら、水で洗い流す。

f:id:akap-perokun:20170720184001p:plain

使う前に必ずパッチテスト

アレルギー体質などで肌の敏感な人は、ゼリー質を使う前に必ずパッチテストをしてください

2cm四方のゼリー質を腕の内側のやわらかい部分にのせ、ガーゼでおおいサージカルテープなどで止めます。

一日はって、かゆみや赤みがなければ大丈夫です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする